クリアネイルショットの口コミと効果

水虫の中でも最も完治が困難だとされている爪水虫!爪水虫の人は必見です!爪水虫治療の専用ジェルである、クリアネイルショットについての口コミと効果を調査。その有効性を検証します。

クリアネイルショットの口コミはなぜ2通りあるの?

f:id:secondhandcar:20170429162455j:plain

爪水虫を改善するために、クリアネイルショットを愛用している方はたくさんいます。しかし口コミを見てみると、「効果があった人」と「効果がなかった人」に分かれるようです。

なぜ人によって効き目に違いが出るのか?

そこには、クリアネイルショットそのものに問題があるのではなく、症状の重さと使用期間に問題があったのです。

 

爪水虫の治療は継続が肝?

同じ爪水虫でも、人によっては症状の重さは違いますよね。

例えば根元部分が白濁していない軽度のものから既に白濁が見られ爪の形が維持できていない重度のものまで、人によって症状はさまざまです。

また症状がどのくらいの範囲に広がっているのか、発症してからどのくらいの期間が経っているのかによっても、結果は違ってくるでしょう。

当然、軽度の場合は早い段階で効果を実感できますが、それでも完治するまで3カ月程度は掛かるでしょう。重度の場合はさらに長引くのは当然ですよね。

 

症状の重さに対して使用期間が短いと効果を実感しにくい

実際に効果がなかったという口コミを見てみると、「2週間毎日使ったのに効果が感じられない」「もう少しで1本使い終わるけど全く変化が見られない」と、だいたいが使用期間1カ月未満のものばかりです。

しかし効果があったという口コミでは、「最初は意味あるのか?と疑っていたけれど、2本目を使い終わる頃には改善がみられた」「3ヶ月半ぐらい使い続け、ほぼ見た目的には治ってきた」と、使用期間は2カ月以上のものばかりです。

口コミが「効果があった」、「なかった」の2通りに分かれるのは単純に使用期間が短かったためだと思います。

 

まとめ

爪水虫は、『水虫の中でも最も治りにくい水虫』と言われているように、治療にはある程度の期間、根気よくじっくり取り組んでいく必要がある、ということなんですね。

基本的には、すべての爪がキレイな新しい爪に生え変わって初めて、完治したと言えます。爪が伸びるスピードは人それぞれですが、足の爪の場合、1か月に1.5mm程度しか伸びないと言われています。

 

f:id:secondhandcar:20170408163753j:plain

クリアネイルショットを使い始めて、徐々に有用成分が白癬菌に作用し出し、白癬菌に侵されていない爪が根元の方から生えてきて、白く濁っている古い爪を押し出していきます。

このように、爪水虫治療は長い期間かかるということを前提に取り組んで行かないと、『2週間も続けたのに効果がない』などという言葉になってしまうのです。

『たった2週間では何も変わらないのは当然』という気持ちで取り組みましょう。

 

実際、私も3カ月以上使用しましたが少しずつ改善され、今では人目を気にせずにサンダルを履けるようになりました。